90歳のおばあちゃんが仕上げた塗り絵にうっとり|忍者猫 ブログ

90歳のおばあちゃんが仕上げた塗り絵にうっとり

絵のセンスがない
私です^^
ダウンタウンの浜田画伯
のような絵でございます(笑)

才能は、色々な意見があり
特定の才能があるという人はいない。
練習時間が多いだけ。

など、一理ありますが

センスだと思います。
脳の研究では、
センスはそのジャンルに関する
膨大なる知識の蓄積がベースと
なっているそうです

無から有は、出せないですしね

サヴァン症候群
などは、どうなのかしら?
障害があって知性がなくても
写真のような絵を描く人います。

絵は、雪舟が一番だと思いますが
水墨画は、シンプルなので
難しいのでしょうね・・・



90歳のおばあちゃんが仕上げた塗り絵にうっとり

豊かな色彩感覚に
「ルネ・ラリックのよう」
と絶賛の声

孫のるんるん(@MinimammamU)さんが
Twitterで紹介したところ、
その色彩感覚に魅了される人が

るんるんさんも
「私にはこの色とこの色を合わせる
脳が無かったなぁ」と
舌を巻くできばえです。

リプライを見ると、
特にトンボの塗り絵が好評。
19~20世紀に活躍したデザイナー、
ルネ・ラリックが手がけた
トンボのアクセサリーを連想した人が多く見られます。

かつておばあちゃんは水彩画を
習っていたことがあり、
美術館や個展にも足しげく通っていたとのこと。

塗り絵を始めたのはここ数カ月のことですが、
昔学んだことが今になって生きている
のかもしれません。

ツイートには
「いつまでも長生きして感性を磨いてほしい」と、
優しい言葉が寄せられています。
続出しています。


90歳のおばあちゃんが仕上げた塗り絵にうっとり


3index.jpg


忍者猫 ブログ



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます