オウム井上死刑囚が再審請求 「裁判やり直しを」 意外な◯◯時代を送った彼ら サリン事件はなぜ起こった?|忍者猫 ブログ

オウム井上死刑囚が再審請求 「裁判やり直しを」 意外な◯◯時代を送った彼ら サリン事件はなぜ起こった?

オウム井上死刑囚が再審請求=仮谷さん事件
「裁判やり直しを」 古いですがヨガ
やオウムについて少し書きます。

彼の犯罪を擁護する気は全く無い。
ただ彼の少年時代を調べると唖然とする。


両親は離婚、彼が中学生の時、
母親は自殺未遂。
親の愛情に飢えていた高校生の時、
あの怪物に出会ってしまった。



大人ですら洗脳されるカリスマの怪物に、
親の愛情に飢えていた少年がかなうわけもなく、
また怪物は彼を気に入り、
息子のように可愛がった。
彼は怪物を崇拝し、人殺しをした。



彼の犯罪を擁護する気は無い
ただただ、やるせない。
私は彼を擁護しないが、罵倒も出来ない。
もし私が彼と同じ運の悪さがあったら?


悪魔と呼ばれる人間も、よく調べて見ると、
運の悪い弱い「人間」ですし、
「もし自分が同じ不運に襲われたら?」
と想像してしまいます。


彼の仕出かした事を考えると
擁護は到底できませんが、
石を投げる野次馬にだけはなりたくないとも思います‥‥


あれほどの不運に襲われながら、
彼はグレないどころか、
社会問題にも関心をよせる優しい少年だったそうです。
それだけに、本当にやるせない話しです・・・・


松本智津夫は、目が見えないわけではなく
わずかですが視えたそうですが
親からお金も援助されるという理由で
学校に入れられたそうです。

そこでは、ガキ大将というか  北の将軍様
のように傍若無人に振る舞っていたそうですが
親に捨てられたという悲しみを話していたそうです。

孤独な少年時代が、彼を権力とお金に走らせて
しまったのでしょうか? 環境が人を変えた?




オウムがなぜ、サリン事件を起こしたのか
は正直、研究しましたが

よくわかりません


・支配と依存  共依存だっったのか?
・ただの誇大妄想
・ヨガを正しくしなかった
・お金への執着


色々ありますが、若い人はおかしな日本を
変えようとしていました。真面目な人が
多かったようです。


TVで原爆製造まで、考えていた
と報道されていましたね

松本智津夫は、意外にもヨガの才能はあったそうです。
最初は独学だったかもしれませんが
聖者から習っています。
チベット仏教の人からも褒められたそうで
普通のヨガ教室の人よりは、レベルが高いです。


・やはり、カリスマがないと小さな宗教団体でも
やっていけないらしく、魅力もあったようです
写真からはわかりませんけど。
魅力感じませんが


ただ、まだ修行半ばで 勝手にヒマラヤから
帰ったそうです。

そこが問題点で、オウムのヨガは  とにかく
長時間することが多いのですが、間違い多いです。
ただ何事も長時間すると何かは得られるようです。

神通力を求めるのは、目的が違うし
おかしなことになりやすいです。
勝手につくなら、まだしも。


有名なヨガの人、マスコミに出る人
本を沢山書いてる人。

あまり、レベル高い人いません。


空中浮揚できると、成瀬雅春さんは言いますが
胡散臭いですね。


いつでも、どこでも 証拠を見せてもらえるのか?
彼は本を書いて、他人から凄いと思ってもらうのが
好きで、低俗と聞きました。

本でも、聖者もしらないチャクラの秘密
と書いていますが、自己顕示欲強いですね。


聖者は、日本人が知らない技術をたくさん知っています
技術だけではダメだし、ヨガは病気を治すものではない
ですが。ヨガのレベルは高いです。

インドでは、修行者をサドゥーと言いますが
一日中、修行してるので層が厚いです。


オウムを脱退した人は、いまだに洗脳があると
聞きます。松本への依存心。  
死んだら、地獄へ行くのか?
など苦しんでいます。


難しいことですが、オウムをやめた人は
幸せな道を選んで欲しいです。


オウムは分裂して
有名な上祐史浩さんが、光の輪
というのを作っています。
元の依存があった人間が変わる事の
難しさを聞いたことがあります。


現在は、ヨガは健康法、疲労回復
少しのリラックス
ができるものだと思います。


日本はヨガが普及しすぎて、あまり難しいことは
生徒さんも嫌がるし、オシャレなファッション
になっていくのでしょうか?

そこは、心配です・・・

ヨガが何か? ということは
やはり悟るための方法ですが。


幸せになるために ヨガを道具として
使って欲しいです。



今後もヨガについて、加筆、修正、新規記事
を書いていきたいです。

よろしくおねがいします。m(_ _)m

忍者猫 ブログ

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます