106年ぶり、利尻島にヒグマ出現?砂浜に足跡|忍者猫 ブログ

106年ぶり、利尻島にヒグマ出現?砂浜に足跡

・どうも泳いできたようですね
信じられないですね

犬かき ならぬ クマかき?
クマは泳げるのですね?





利尻富士町史によると、
1912年

現在の天塩町から対岸の
利尻島までヒグマが

約19キロ・メートルの海
を泳いで渡った直後に
駆除された記録がある。

足跡がヒグマだとすると、
106年ぶりに同島に現れたことになる。


30日午後0時50分頃、
北海道利尻富士町鬼脇沼浦の
砂浜にヒグマとみられる足跡
があるのを通りかかった
地元の男性が見つけ、
稚内署鴛泊駐在所に届け出た。

同町がある利尻島に
ヒグマは生息していないとされた
が、同署や町が住民に注意を呼びかけている。

発表によると、
足跡は長さ約25センチ、
幅約20センチで、複数が見つかった。

忍者猫 ブログ



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます