ドローン調査で新しく発見されたナスカの地上絵|忍者猫 ブログ

ドローン調査で新しく発見された ナスカの地上絵

ドローン調査で新しく発見された
ナスカの地上絵、
絵柄が違う


絵師が色々いたのかな?

気球で空中から見るもの
という説がありましたが。



・ペルー南部のナスカ地上絵


近くのパルパの沿岸砂漠地帯
をドローン(小型無人機)で
調査したところ、

新たに25以上の地上絵が見つかった。
文化省の調査チームを率いる
考古学者が明らかにした。


見つかった地上絵にはシャチや
踊る女性の姿などが描かれており、
大半は2000年前のパラカス
文明期に製作されたとみられている。


ナスカより数百年前にあたる。


地元住民が以前発見したものを、
ドローンを使って全容を把握した。



ナスカの地上絵の大半が
空中からしか見ることが
できないのに対し、


パルパの地上絵は
丘の斜面に描かれており、
下から見ることができる。









忍者猫 ブログ

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます