ビッグダディ 息子が1700万円の借金を作って失踪 あまり子供を多く作るべきではないとは思います|忍者猫 ブログ

ビッグダディ 息子が1700万円の借金を作って失踪 あまり子供を多く作るべきではないとは思います

ビッグダディ 息子が1700万円の借金を作って失踪 あまり子供を多く作るべきではないとは思います


大家族に生まれた子供は幸せだったのか
お金もないし辛い事の方が多かったのでは

あまり子供を多く作るべきではないとは思います

ビッグダディというネーミングセンスがいいです

毎月51万円はきついな
よく返してる



太平洋を望む神奈川県の大磯町。港の防波堤に腰をおろした男性が
釣り糸を垂らして遠くを眺めている。

ビッグダディこと林下清志さん(57才)だ。


「なに? びっくりした〜。借金取りかと思いましたよ(笑い)。
これ冗談じゃなくて、いま本当に借金返済中なんです」


ダディの人生は激動の連続だ。

これまで7度の結婚と離婚を繰り返し、元妻たちとの間に
総勢10人の実子がいる。

彼を一躍有名にしたのは、2006年から約7年間家族に
密着したドキュメンタリー番組

『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)だった。


『痛快〜』の放送終了後、テレビ番組に引っ張りだことなり
2014年4月からは情報番組『バイキング』
(フジテレビ系)にコメンテーターとしてレギュラー出演した。


タレント業を精力的にこなす一方で、沖縄県に移住して
ジンギスカン屋を始めたかと思えば
バーの店長として上京するなど

仕事も住まいも転々とする流浪の人生を送ってきた。
そして現在、たどり着いたのが大磯町のようだ。

「実はね、次の仕事が決まっているんだけど
その条件が“魚をさばけること”なんです。


あそこ(港にある飲食店)で修業させてもらっているんですよ。
修業期間は2か月と考えていて、その間は無給。


いまは修業先に住む場所も面倒をみてもらっていて
1日400円くらいで生活しています」



「息子が金銭トラブルを抱えたまま逃げちゃったんです。
総額1700万円。

息子とはおれも連絡がとれていなくて……
結果、おれたち家族で尻拭いすることにしたんです」


金銭トラブルになったのは三男で、2年前から林下家
で一気に1700万円もの借金を背負うことになったという。


最初の半年ほどは子供たちから月3万円ずつ集めていたが
ダディが2020年12月に都内のステーキ店に就職してからは
長男と2人で返済するようになった。




「長男はコンビニの正社員なんですよ。社宅に住んでいるから、一時期はおれもそこに転がりこみました。もちろん、社長さんに許可をもらっていましたよ。おれの分の家賃も光熱費もかからない。だから、2人の給料のほとんどを返済に充てることができたんです。これまで毎月51万円ずつ返してきました。それが今年3月から37万円になった。だいぶ楽になりました」

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます