イーロンマスク「リモートワークは認めない。サボる言い訳だ。私は昼飯5分、週100時間働いてる」 ディナーもビジネスの場だ|忍者猫 ブログ

イーロンマスク「リモートワークは認めない。サボる言い訳だ。私は昼飯5分、週100時間働いてる」 ディナーもビジネスの場だ



イーロンマスク「リモートワークは認めない。サボる言い訳だ。私は昼飯5分、週100時間働いてる」 ディナーもビジネスの場だ


テレワークって実際効率悪いからね


週100時間とかマジなら過労死する


テスラは日本人雇えばええんちゃう?
週40時間くらいだったら文句言わへん


なぜ怒るんだい?彼はエルデンリンガーだよ





「テスラの社員は全員、週に最低40時間はオフィスで働くことが義務づけられる」

「リモートの疑似オフォスではなく、実際の同僚がいる
場所でなければいけない。

出社しなければ、退職したものとみなす。
職位が上であるほど、その存在は目に見えるものでなければならない」


このメールは、5月31日にマスク氏がテスラ社の幹部にあてて
送ったものだとして、Twitterに投稿された。


マスク氏自身はこのメールについてコメント
していないものの、6月1日になって


「オフィスへの出勤を時代遅れだと考えている人をどう思うか」
というTwitterユーザーに対し


「どこか違う場所で働くふりをするべきだ」と返答している。


「マスク氏のこの言葉は、驚くことではありません」と話すのは
ある経済ジャーナリストだ。

「コロナ禍でリモートワークが増え、その影響で生産性が落ちてきている
仕事の効率に悪影響が出ていると判断したのでしょう。


テスラ以外にも、航空宇宙メーカーの『SpaceX』社を起業し
そのほかいくつもの事業を手がけるマスク氏。

最近ではTwitterを買収する動きが話題になっている。


マスク氏のメールは、過去にいくつも流出していますが

中には、社内コミュニケーションのあり方を論じたものがありました。



『社内でコミュニケーションを阻害するような対立した
人間関係を生みだし、閉鎖的な組織を作り出すことを
防止するため、マネージャーが尽力するべきだ』


といった内容で、マスク氏が社内コミュニケーション
を重視していることがわかります」


「多くの事業を同時にこなすため、彼自身が効率的に
仕事をしなければいけません。


週に100時間働き、スケジュールどおりに仕事を
進めるため、電話には出ない。


食事には時間をかけず、ランチはミーティングを
兼ねて5分で済ませる。


もちろん、ディナーもビジネスの場です。


睡眠時間は6時間と一般的ですが
いつも会社のどこかや工場で寝ていると
社員が証言しています。

彼自身がハードワーカーであり、社員にも
多くのことを要求する経営者であることは以前から有名です」

___________


アメリカのエリート層は昔からこんな感じ。


数年前のネット記事でしたが
テスラ社は受注絶好調で生産量が不足し

工場の建屋内だけでなく敷地にも
巨大テントを設営して

そこでがむしゃらに製造を行っていた時期が
確かあったと思います。


自動車をテントで作るって、最初信じられなかった。


それにウィグルにショールームを構え
US内で批判を浴びようとも構わず


あくまでビジネス優先を貫くような会社です。


そしてトップが週100時間労働、と聞けば


従業員のワークライフバランスを重視した
「リモートワーク」をいつまでも容認するような会社
ではないだろうな、とも思います。

他の米国企業も出社を促しているようです。




従業員の報酬は日本人の我々が心配する必要もない
高水準のはずですし、何もトップ同様週


100時間労働を強いられるわけではないので

従業員は少なくともトップダウンの指示に応えて
元通り出社するぐらいのことは普通にするでしょうね。


本件の続報に注目しましょう。








関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます