ロシアがウクライナに核を使った時 アメリカは警告、見せしめとしてベラルーシを核攻撃すべきである とのシミュレーション|忍者猫 ブログ

ロシアがウクライナに核を使った時 アメリカは警告、見せしめとしてベラルーシを核攻撃すべきである とのシミュレーション

ロシアがウクライナに核を使った時 アメリカは警告、見せしめとしてベラルーシを核攻撃すべきである とのシミュレーション

興味深い報道がありまして。

ウクライナ戦争のあれこれで,アメリカで核戦争のシミュレーションをやったそうです。

ロシアがどう核を使ってくる可能性があるか。
その時の国際関係はどうか。
それが各国の行動にどう影響を与えるか。

そして、アメリカはどうすべきか。

アメリカは割とシミュレーションの時の精度は高いので。

非常に冷徹に状況を評価した結果。

「ロシアがウクライナに核を使った場合
アメリカは警告&見せしめとしてベラルーシを核攻撃すべきである」


という結果になったそうです。

とばっちりもいいとこだよベラルーシ!可哀想だろうが!😅


いくらなんでもそれは、と思いますが。
それが冷徹な国際政治の力学における最適解なんですね。



このことから、いくつかの知見を得ることができます。

・核戦争という究極の選択を前に、タブーは存在しない

まあそうですよね。

・核大国同士での対立を避けるためのタブーは存在しない


核大国同士で核戦争になれば人類全滅ですから、どんな手を使ってでも回避せねばなりません。


・自国への攻撃は見過ごせないが,他国の犠牲は甘受できる


上記条件から、実は究極的には核大国同士は合意に至る
ことが可能です。双方避け得ない死を目の前にして
初めて和解の選択肢が生まれるのです。



アメリカ側が選択したロシア側の「生贄国」はベラルーシでした。

そしてロシア側が「生贄国」を選択して、ようやく均衡に至るわけです。
この場合はウクライナということになりますかね。

この2国が仲良く核の炎に包まれることで
米露は和解して核戦争を避けることができるわけです。


米中の衝突が人類の滅亡に至らないように,生贄が必要なんですね。

アメリカからは中国の衛星国のどこかを破壊することになります。
どこがいいでしょうか。ミャンマーとか手頃で良さそうですね。
敢えてモンゴルというのも手かもしれません。


中国としては、どこを生贄にしたら良いでしょうか。


条件としては。

NATOに参加しておらず。

独自の核戦力をもっておらず。

核爆弾を落としても、あんまり文句を言わない国で。

なんなら、核爆撃を落とした後でも同盟国になれるくらいよく言うことを聞く従順な国で。


なんならもう、既にちょっと放射能に汚染されてて
放射能に理解がある国が良いですよね。


ちょっとくらい農作物がベクれてても「安全安心!」
とか言って国内に流通させちゃうくらい、理解があるのが理想ですね。


そんな都合のいい国がどこかに・・・




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます