働きたくないと思うのは普通なのか? 私は働きたくない 本当の意味で社会貢献をしたい|忍者猫 ブログ

働きたくないと思うのは普通なのか? 私は働きたくない 本当の意味で社会貢献をしたい

働きたくないと思うのは普通なのか? 私は働きたくない 本当の意味で社会貢献をしたい


仕事が楽しいと言う人はいますが、労働が楽しい場合は少ないと思います。

義務的な労働は面白くありません。


メンタルに問題がある人を助けていきたい

ただいくら勉強をしても
人としての力量と言うか器がないし

人類愛というのが

おそらくないし

難しいと思います


__________


超普通です。

みんなあれこれ最もな理由つけて働いているだけです。

遊んで暮らせるなら誰だってその方がいいに決まってます。

ただ働いているという意識もなく
生きていくために気が付いていたら
働いていたという人もけっこういるでしょうね。

例えば嵐がやってきたら強風で
家のどこかが壊れないように家を何かで補強したりし始めますよね。


で、お金持ちの人が金を払うからオレの家もやってくれないか?
と頼まれていつのまにかそれが仕事になってたりするパターンです。


あとすでに一生遊んで暮らせる金があるのに
働きたいという変わった人の代表例について分析してみます。



例えばホリエモンです。

彼は刑務所にいったら

「オレを働かせてくれ!」

「とにかく働きたい!」とすごく思ったそうですが


それは彼は働くのが好きなんじゃなくて
一人っ子で有能だったから、人とのつながりや生き甲斐が

働くことでしか感じられないからでしょう。


あんまりただ普通に話をして好かれるタイプじゃないけど
仕事をするとお前役にたつな!と思ってもらえるので

それでしか、さびしさを埋められないまたは優越感を満たせないのではないかと。


他には宇宙事業をやりたいという夢があり
そのために大金がいる!だから当然働くという流れなのだと思います。

まぁただホリエモンだって鼻ほじって
大金が入ってくりゃさすがに働かないでしょうw




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます