日本はなぜ 対人恐怖が多いの? 同じ島国でもハワイやサモアなどとと違い  対人恐怖などなさそうですが?|忍者猫 ブログ

日本はなぜ 対人恐怖が多いの? 同じ島国でもハワイやサモアなどとと違い  対人恐怖などなさそうですが?

日本はなぜ 対人恐怖が多いの? 同じ島国でもハワイやサモアなどとと違い  対人恐怖などなさそうですが?

比較的日本文化と日本語という言語や文化体系を起点とした単一民族に近い
(同種の民族の割合が極めて高い)国であり


その中で全部説明しなくても察するという文化を構築してきたので
相手に気軽に話しかけるという習慣が薄い文化であるのと、

脳内のセロトニン受容体の型が強い不安を抱くタイプの型
(SS型)である人が多い国なのが

関係していると思われます。

日本は自然災害が多いから、日本人は、危険遺伝子を
保有しています


日本には「武士道」「村社会の同調圧力」というのが
未だ根強く存在します。

軽はずみな言動や作法が、命取りになるんですよ。

しかし南国は違う。
例え集団から孤立しても、そこらへんにある果実や魚を食えば
十分に生きて行けます。





古代ではそうでもなかったのでしょう。
魚も獲れるし自然も豊かです。

しかし、人々の密集具合/自生する食物の比率が
ハワイやサモアより早く高まってしまったのではないかと思います。


日本で庶民までも他人の顔色を伺うようになったのは
鎌倉時代の二毛作による食文化の進展に伴う
地頭らの過酷な支配に対抗するため


農民たちに団結に始まり、江戸に入り地域共同体のルール
に従わない者をはぶにする言語としての
「村八」が定着する、という流れだと考えます。


ハワイやサモアは特に開墾しなくても食物は取れまくっていた
(勝手な推測)と思われ、地域共同の勝手な規律を
生み出さなくても生活していけたのでしょう。


忍者猫 ブログ




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます