イスラエルとパレスチナの対立  ハマス スンニ派イスラム原理主義|忍者猫 ブログ

イスラエルとパレスチナの対立  ハマス スンニ派イスラム原理主義

イスラエルとパレスチナの対立  ハマス スンニ派イスラム原理主義


宗教問題で争うのは本来馬鹿らしいことだと思います。

ハマスとは、パレスチナのスンニ派イスラム原理主義、過激派、民族主義組織です。
1987年に設立され、社会奉仕組織「ダワ」と
軍事組織「イズ・アッディン・アル・カッサム旅団」を擁しています。


ハマスの目標は、イスラエルの破壊と、その後のイスラム国家の樹立です。
そのために、イスラエルに対する武力闘争を掲げており
自爆テロやロケット弾攻撃などを行ってきました。


2006年のパレスチナ立法選挙で勝利し、2007年のガザの戦いの後
ガザ地区の事実上の統治当局となりました。

ハマスは、イスラエル政府や国際社会からテロ組織として認定されています。

ハマスの活動は、パレスチナ問題の解決を困難にしている要因の一つとなっています。

ハマスの活動の特徴は、以下のとおりです。

イスラエルの破壊と、その後のイスラム国家の樹立を目標としている。

イスラエルに対する武力闘争を掲げており、自爆テロやロケット弾攻撃などを行ってきた。

2006年のパレスチナ立法選挙で勝利し、ガザ地区の事実上の統治当局となった。

イスラエル政府や国際社会からテロ組織として認定されている。

ハマスの活動は、パレスチナ問題の解決を困難にしている要因の一つとなっています。



イスラエルの問題とは、イスラエルとパレスチナの間の紛争です。
この紛争は、ユダヤ人とアラブ人の間の長い歴史的対立に根ざしており
その原因は複雑で多岐にわたります。

きっかけ

パレスチナ問題のきっかけは、1948年のイスラエル建国です。

第二次世界大戦後に、ユダヤ人国家の建国をめぐって
ユダヤ人とアラブ人の間で紛争が勃発しました。


この紛争の結果、ユダヤ人はパレスチナにイスラエルを建国しましたが
アラブ人はイスラエルを承認せず、対立は続いています。

対立の根源

イスラエルとパレスチナの対立の根源は、以下の2つに分けられます。


土地問題

パレスチナ問題の根源は、土地問題です。
パレスチナの地には、ユダヤ人とアラブ人、両方の人々が住んでいます。


しかし、イスラエル建国によって、パレスチナ人の多くは故郷を追われ
難民となりました。

現在も、イスラエルとパレスチナの間で土地問題は解決されておらず
このことが対立の火種となっています。

民族宗教問題

イスラエルとパレスチナの対立は、民族宗教問題とも言えます。

イスラエルはユダヤ人国家であり、パレスチナは
イスラム教国家を建国することを目標としています。

両者は、宗教や民族の違いを背景に、対立を深めています。


紛争の現状


イスラエルとパレスチナの対立は、70年以上続く長い紛争です。
この間に、両者の間には数多くの武力衝突が起こり、多くの人々が犠牲となっています。


2023年現在、イスラエルはパレスチナのガザ地区を封鎖しており
パレスチナ人には厳しい制限が課されています。


また、イスラエルはパレスチナのヨルダン川西岸地区に
入植地を建設しており、パレスチナ人の居住地を分断しています。


解決への道

イスラエルとパレスチナの対立を解決するためには
土地問題や民族宗教問題などの根本的な問題を解決する必要があります。

しかし、両者の対立は深刻であり、解決は容易ではありません。

近年、イスラエルとパレスチナの間で和平協議が進められてきました。
しかし、両者の主張の隔たりは大きく、合意には至っていません。

イスラエルとパレスチナの対立は、中東地域の平和と安定に
とって大きな障害となっています。

この問題が解決されることを願ってやみません。



忍者猫 ブログ

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます