若返り薬 実現しそう 低コストで実現可能 山中ファクターで遺伝子を修復|忍者猫 ブログ

若返り薬 実現しそう 低コストで実現可能 山中ファクターで遺伝子を修復

若返り薬 実現しそう 低コストで実現可能 山中ファクターで遺伝子を修復

癌細胞の増加が弱点やったけど克服されつつあるらしい

動物実験は成功してるし
現在多くの資産家が投資してるから
彼らの寿命に間に合わなかったらあかんやろ
別の記事では20年内に完成とも書いてあった

遺伝子を修復するから一番若い頃まで逆転できるらしい

脳組織も適応範囲内

認知症の主な原因が加齢による脳の萎縮やから適応される


遺伝子治療なら高くつくけど
これは化学化合物を使う


低コストで実現可能らしい


2023年の4月にサルで実験成功して
同年に人での臨床実験の準備が進行中



ハーバード大学医学部の研究チームは、化学的アプローチ
により細胞を若い状態にリプログラミングする初の手法を発表した。

これまでリプログラミングは、遺伝子導入をする必要があった。

研究成果は、『Aging』誌に2023年7月12日付で公開されている。


David A. Sinclair博士をリーダーとする今回の研究は、分化した
体細胞に「山中因子」と呼ばれる4種類の遺伝子を導入することで

iPS細胞を作製する発見を踏まえて実施された。

iPS細胞の発見により、細胞が若くなりすぎたり
細胞のがん化を引き起こしたりすることなく
細胞の老化を逆転できるのかという問題が提起された。



今回の研究では、若い細胞と老化細胞を区別するために
定量的核-細胞質分画化(quantitative nucleocytoplasmic compartmentalization:NCC)


アッセイなどのスクリーニング法を新たに開発し、組み合わせることで
細胞を若返らせることができる6種類の化合物を特定した。

この化合物カクテルは、1週間以内にNCCと全ゲノムの
転写産物を若い状態に戻し、トランスクリプトーム年齢を
逆転させることができるという。


研究チームはこれまでに、山中因子の一部を細胞に導入することで
無秩序な細胞増殖なしに細胞の老化を逆転できることを実証している。


視神経、脳組織、腎臓、筋肉を対象とした研究では有望な結果が
得られており、マウスを用いた実験では視力の改善と寿命の
延伸が観察された。

また最近では、サルでも視力が改善することが報告されている。


遺伝子治療の代わりに化合物を用いて老化を逆転することが
できれば、加齢やケガ、加齢関連疾患の治療に革命をもたらす
可能性があり、開発コストの削減と開発期間の短縮が期待できる。


研究チームは、加齢関連疾患が効果的に治療でき
ケガがより効率的に治り、全身を若返らせることが
できる未来を夢見ている。


Sinclair博士は自身のTwitterで
「この新発見は錠剤1つで老化を逆転できる可能性を秘めており
応用範囲は視力の回復から加齢関連疾患の治療にまで及びます」と
成果への期待を明らかにしている。


忍者猫 ブログ


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます