救いとは  自分が本当は何も苦しんでいないということを理解すること?|忍者猫 ブログ

救いとは  自分が本当は何も苦しんでいないということを理解すること?

救いとは  自分が本当は何も苦しんでいないということを理解すること?


不安、孤独、焦燥、葛藤、嫉妬、自己否定など

あらゆる自己の内面の問題は

着ているセーターに火がついた瞬間にはなくなり
消火活動しか考えなくなる。

はっきり言って魂の救済とは

「そもそも救済も何も今はピンチでもなんでもなかった。
一人で大騒ぎしてただけだった」

と気づくだけのこと。


何から救われたいのか、何を地獄と捉えているのかと言えば
自己の思考パターンの歪みから


なので、自己について考える余裕もない状態に身を置けばリセットされる。


クライシス的なものでなくても
高速のテトリスや囲碁将棋など、それに集中せざるを
得ないものをやるなど。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます