なぜ中高生はiPhoneにこだわるのか? 別にAndroidでも大差ないと思いますが 世界で普及しているメーカー 1位:サムスン電子(韓国)|忍者猫 ブログ

なぜ中高生はiPhoneにこだわるのか? 別にAndroidでも大差ないと思いますが 世界で普及しているメーカー 1位:サムスン電子(韓国)

なぜ中高生はiPhoneにこだわるのか? 別にAndroidでも大差ないと思いますが 世界で普及しているメーカー 1位:サムスン電子(韓国)

世界シェア:20%
主な機種:Galaxyシリーズ


先に注意しておきますが、一般中高ぴーぽーが性能とか
わかると思いますか? アンツツのスコアとか知ってる人の方が少ないです。

だから一般中高ぴーぽーにとっては不満なく
そこそこの性能以上であれば全部一緒なんです 。


アンツツ200万点も100万点も一緒なんです!
だから『iPhone より性能良い』ってのはなんの
アドバンテージにもなりません!

iPhoneだってそこそこ以上の性能もっているんだから。

さてAndroid派の反論をつふしたところで本題に入ります!

iPhone以外はカスです

これは揺ぎ用のない事実です。

彼女らにとってはiPhone以外はダサいのです!

服装に例えてみます


ちょっと極端になりましたがこんな感じです

貴方はAndroid(服装) で街歩けますか?

私はダサすぎて歩けません ^_^

彼女らにとってはAndroidはダサいのです

だからこそiPhoneにこだわるのです

当たり前ですね

_______________


・耐久性です。

iPhoneは6年前のものが性能的に普通に使えるというのも
さることながら、5年を超えて使い続けても
ほとんどガタが来るどころか傷もほとんどありません。


また、故障率もAndroid(機種による)よりも低く
父親のAndroid(AQUOS )は3年で2回壊れましたが

私のiPhoneは5年使っても一度も壊れたりしませんでした。
少なくとも私が見ている中では友人の中でもAndroidの
人のほうが故障率が高いように思えます。

全体的に良い選択と言えるのではないかと思います。

ただ、デメリットとして次のようなことが挙げられます。

それはAndroidタブレットやChromeBookとの互換性が悪いことと
拡張性が低いことです。


ただ、この欠点は人によって影響を受けない場合が多いです。
また、PCとの接続もAndroidの方が比較的手軽です。


この問題を大きなデメリットと感じるならば、Androidの方が
むいている人と言えるでしょう。


しかし、こういった状況にある高校生でも少なからずiPhoneを
選んでしまっている人がいます。


その理由は、Airdropの存在です。
Airdropで写真をやり取りするのが浸透している場合
Androidの人は締め出されます。

その結果iPhoneを選ばざるを得ない状況になっているわけですね…


また、Androidはケースが圧倒的に少ないため
お洒落を重視する人にとっては致命的です。


私自身も好みのクマのキャラクター(何とは言いませんけど)
のカバーを付けたいのでiPhoneを使用し続けているという面もあります。

結論 Appleは商売上手



すでに iPhone が多数派になっているのが前提の話なのですが
「エアドロで共有するね! …あ、A ちゃんはだめなんだっけ。
えっと、A ちゃんは Line でいい?」



なんてことがしょっちゅうあって、A ちゃんはかわいそうな子
A ちゃんがいるとめんどくさい、などど思われているそうです。

男子ならあまり気にしないかもしれませんが
そういうのが平気な女子中高生は少数派かも。

___________

Android版エアドロップ「Nearby Share(ニアバイシェア)」が登場しました!

エアドロこと「エアドロップ」とは、iOS(iPhone)
に搭載されているファイル共有機能のコト

周辺にいるユーザーとファイルデータを共有できる仕組みで
スマホ単体で簡単にデータのやりとりができるため、その手軽さから人気を集めている機能です。

近くのユーザーと写真や動画、URLやテキストなど
さまざまなファイルを共有できるものの
あくまでiOSに限定されていたため、Androidスマホで利用することはできませんでした。


そんな中、Androidでも使えるAndroid版エアドロップとして
「ニアバイシェア」の実装が開始されました。


ニアバイシェアの機能とは?

連絡先を知らない相手とでも手軽に通信できます
個人情報を教える必要もないためプライバシーを守りつつフ
ァイルを共有できることが特長です。

ニアバイシェアを利用する条件


ニアバイシェアは、Android™6.0以上の対応機種で利用可能です。

Wi-FiやBluetoothを利用して接続するため、同じ電車の中など
端末同士が近くにある必要があります。


ニアバイシェアで共有できる相手

現状、iPhoneなどのiOSには対応しておらず
通信して共有できる相手はAndroidスマホに限られています。


ニアバイシェアで共有できるデータ

動画や画像、テキストといったさまざまなファイルデータを共有できます。


ただ、今のところはPixelやGALAXYなど大手以外だと条件を
満たしていても通信出来なかったり、安定した通信が行えない様子、、、


メーカーが入り混じっているAndroidの複雑さが露呈しているみたいですね(汗)


Windows用ニアバイシェアの動作条件として、64ビット版のWindows 10以降
BluetoothアダプターとWi-Fiアダプターの搭載を必須としている。


現在販売されているWindowsノートPCのほぼすべてが
Bluetoothアダプターを搭載している。


つまりノートPCであれば基本的に機器の追加は不要だが
デスクトップPCの場合はBluetoothアダプターを持たない機種もあるので注意したい。


Bluetoothアダプターを持たないデスクトップPCに
USB接続のBluetoothアダプターを追加した環境でも
ニアバイシェアによるファイルの送受信が可能だった。


ただし、Bluetoothによる転送はWi-Fiと比べるとかなり遅い。

______________



アメリカにおけるサムスンのシェア

アメリカではサムスンがAppleに次いで
2番目に人気のあるスマホメーカーであり
多くのユーザーがサムスンのスマホを使用しています。


2023年12月時点のアメリカのスマホOSシェアは以下の通りです。


Android: 47.4%
iOS: 52.6%
メーカー別のシェアは以下の通りです。


Apple: 38.5%
Samsung: 29.2%

Motorola: 11.3%
LG: 9.3%


このように、アメリカではAppleが首位ですが
サムスンもそれに次いで大きなシェアを獲得しています。



iPhone を使わない国
アメリカ以外にも、iPhone のシェアが低い国はいくつかあります。


中国

中国では、Huawei、Xiaomi、OPPOなどの中国メーカーが主流です。


インド

インドでは、Samsung、Xiaomi、Realmeなどの比較的低価格なスマホが人気です。


ブラジル

ブラジルでは、Motorola、Samsung、Appleのシェアがほぼ同程度です。


ベトナム: ベトナムでは、Samsung、OPPO、Vivoなどの中国メーカーが人気です。

これらの国では、価格や機能、ブランドイメージなどの
理由から、iPhoneよりもAndroidスマホが好まれる傾向があります。


その他の地域におけるスマホ事情


ヨーロッパ: ヨーロッパ全体ではAndroidの方がシェアが高いですが
国によって差があります。


例えば、イギリスやドイツではiPhoneの方が人気です。



アフリカ

アフリカでは、スマートフォン市場はまだ発展途上ですが、Androidスマホが主流です。

中東
中東では、SamsungとAppleがシェアを二分しています。







1. サムスンシェア率が高い国

ベトナム     サムスンシェア率約40%、iPhoneシェア率約20%

インド      サムスンシェア率約25%、iPhoneシェア率約5%

インドネシア   サムスンシェア率約23%、iPhoneシェア率約14% 

ロシア      サムスンシェア約22%、iPhoneシェア約15%

エジプト      サムスンシェア約20%、iPhoneシェア約10%


これらの国では、サムスンが積極的なマーケティング活動を行い
価格帯も幅広く、様々なニーズに対応するモデルを展開
していることが人気の理由です。

2. 中国

中国では、独自のOSを搭載したスマートフォンが主流です。

Huawei、Oppo、Vivo、Xiaomiなどのメーカーが人気で、iPhoneシェア率は約15%です。

3. その他

日本: iPhoneシェア率約57%と高いですが、Androidユーザーも一定数存在します。
ヨーロッパ: 国によってシェア率は異なりますが、iPhoneとAndroidがほぼ互角です。


4. iPhoneを使わない理由

価格

iPhoneは他のスマートフォンと比べて高価な傾向があります。


OS
iPhoneはiOSを搭載しており、Androidと操作方法が異なるため
使い慣れない人もいます。


機能   iPhoneはAndroidスマートフォンと比べて機能が限定されている場合があります。

アプリ 一部のアプリはAndroidのみで提供されている場合があります。

世界でiPhone以外のスマホで普及しているメーカーは、主に以下の通りです。

____________________


1. Samsung(サムスン)

韓国のメーカーで、世界シェア2位です。ハイエンドモデルから低価格モデルまで幅広いラインナップを持ち、特にAndroidスマートフォン市場で高い人気を誇っています。

2. Xiaomi(シャオミ)

中国のメーカーで、世界シェア3位です。コストパフォーマンスの高いスマートフォンを販売しており、近年急速に成長しています。

3. OPPO(オッポ)

中国のメーカーで、世界シェア4位です。スタイリッシュなデザインと高性能カメラを搭載したスマートフォンで人気を集めています。

4. vivo(ビボ)

中国のメーカーで、世界シェア5位です。OPPOと同様に、スタイリッシュなデザインと高性能カメラを搭載したスマートフォンを販売しています。

5. Realme(リアルミー)

中国のメーカーで、OPPOのサブブランドです。低価格ながら高性能なスマートフォンを販売しており、若者を中心に人気を集めています。

その他

上記以外にも

Huawei(ファーウェイ)
Motorola(モトローラ)

Lenovo(レノボ)
Sony(ソニー)などのメーカーも世界中で
一定のシェアを獲得しています。



iPhone 以外のスマホで世界で普及しているメーカー

1位
サムスン電子(韓国)

世界シェア:20%
主な機種:Galaxyシリーズ

世界でiPhone以外のスマホで普及しているメーカーは、主に以下の通りです。

1. Samsung(サムスン)

韓国のメーカーで、世界シェア2位です。ハイエンドモデルから低価格モデルまで幅広いラインナップを持ち、特にAndroidスマートフォン市場で高い人気を誇っています。

2. Xiaomi(シャオミ)

中国のメーカーで、世界シェア3位です。コストパフォーマンスの高いスマートフォンを販売しており、近年急速に成長しています。

3. OPPO(オッポ)

中国のメーカーで、世界シェア4位です。スタイリッシュなデザインと高性能カメラを搭載したスマートフォンで人気を集めています。

4. vivo(ビボ)

中国のメーカーで、世界シェア5位です。OPPOと同様に、スタイリッシュなデザインと高性能カメラを搭載したスマートフォンを販売しています。

5. Realme(リアルミー)

中国のメーカーで、OPPOのサブブランドです。低価格ながら高性能なスマートフォンを販売しており、若者を中心に人気を集めています。

その他

上記以外にも、

Huawei(ファーウェイ)
Motorola(モトローラ)
Lenovo(レノボ)
Sony(ソニー)


などのメーカーも世界中で一定のシェアを獲得しています。




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます