小林製薬の株 底値で買っておけば長期的に儲かる?|忍者猫 ブログ

小林製薬の株 底値で買っておけば長期的に儲かる?

小林製薬の株 底値で買っておけば長期的に儲かる?


株式相場の格言として「事件は売り、事故は買い」といわれます。

某ビッグモータのように、会社ぐるみで植栽に除草剤を
撒いていたようなケースは、悪いと知りながら
故意にやっていた事なので「事件」とみなして売りが正解です。


小林製薬のように、紅麹が原因かどうか分からないので
自主回収をするというのは「事故」とみなして買いが正解です。




底値で買えば、長期的にでなくとも、”必ず” 儲かります。

ただ、どこが底値かは後にならないとわかりません。


まだまだ高いです。

1000円を割って3桁台に突入したら、資産の1/10をつっこみ、800円割ったら、1/10つっこみ

500円割ったら2/10つっこんで、後は寝て待ちましょう?w

倒産しないことを祈りましょう。

今はコロナフィーバーの終わりで、どっちみち株価下がる局面だっただろうし。

まだまだ想定内じゃないですかね? 勝負は1000円未満の戦いかと。


日本航空株をかって後悔した人もいますし、小林製薬が今後倒産しないとも限りません。

株価が50%をきって底値だとおもって買ったら10%まで下がり
もう大丈夫だと家を売却して全力で買ったら2%まで落ちて
上場廃止にとかいう結末もあるかもしれません。


株の動きを見ていると、紅麹事件発覚で大きく下がって以降
新たな材料が出ても値が殆ど動いていません。


これは今が底値という合図です。

原因が未知の物質であることも分かり、企業の落ち度としても
程度が低いことが分かってきていますし
その後の対応も悪くないです。

悪い材料はほぼ出切ったと見ます。

今買っておいて、事件前の値との中間点に
指値をしておけば良いと思います。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます