札幌太極拳練精会 さんより引用 ルールのある試合は無意味、筋トレ中心の武道は低レベル等の発言をされている方を見かけます|忍者猫 ブログ

札幌太極拳練精会 さんより引用 ルールのある試合は無意味、筋トレ中心の武道は低レベル等の発言をされている方を見かけます

札幌太極拳練精会 さんより引用 ルールのある試合は無意味、筋トレ中心の武道は低レベル等の発言をされている方を見かけます


[札幌太極拳練精会 | 中国武術、八卦掌、形意拳...](http://www.s-renseikai.com/)

https://www.facebook.com/share/p/XdapjVJybb7s5mqA/

Ken Kawamura


「あえての批判」

前回に引き続き、少し批判めいたことを書こうと思います。読んで気を悪くされた方がいたら始めに謝罪しておきます。


武術研究家、伝統武術家、古武術家、このように呼ばれている方の中
の一部の人ですが、スポーツ的な武術はダメ
ルールのある試合は無意味、筋トレ中心の武道は低
レベル等の発言をされている方を見かけます。


正直、それらの発言には本当にげんなりしてしまいます。
あまりに現実を知らなすぎます。


一回、上記の方々と本気で戦ってみたらいかがでしょうか。
でもそのような方は絶対戦いません。


彼らがすることは右から突いてみて、手を握ってみて
後ろから抱えてみて、等々かならず限定された様々な条件を
付けた上で技をおこない


「ほら、私の武術は現代スポーツ武道より優れているでしょう」と自慢します。


私は何も武術研究家、伝統武術家、古武術家と呼ばれる人を
批判するつもりはありません。


すぐれた身体操作や身体の質をお持ちの方もいらっしゃると思います。


でも自分の優位性を示そうと、自分とは異なった理論
体系で作られている他の武道、武術を批判することは許されることではありません。


例えば崩しや投げが自慢で、柔道は力任せと批判するのであれば
柔道選手と乱取りをしてみてはいかがでしょうか。


上記のような非常に限定した状況ではなく、自由乱取りをすれば
ほぼ確実に一瞬で柔道選手にぶん投げられることでしょう。


力任せ、筋トレ重視とか批判した柔道選手の強さがいかに
すごいかは実際に戦わないと分からないことです。


堅実に乱取り稽古を続けている方の強さを舐めてはいけません。
中途半端な技などまるで通用しないのです。


いかに高級そうに理論を語っても、それが鍛え上げられた選手に
通用するほど、現実はあまくはありません。


自分の武術、武道で夢を見るのはかまいません。
しかしその妄想に他の武道、武術を巻き込んで批判をしてはいけません。
一番やってはいけないとこだと思っています。


そして勝つことは出来ませんが、武術研究家、伝統武術家、古武術家の
一部の人が他派の試合に出て、自身の武道、武術の素晴らしさを
証明しようとしていることはそれはそれで素晴らしいことだと思います。


現実を知って、その苦い経験から先を目指せば良いのですから。


しかしそんな彼らをやはり武術研究家、伝統武術家、古武術家
な人たちは批判するのです。


稽古の質が悪いとか、技が練れていないとか・・・
そんな批判をするならお前が出ろよと突っ込みたくなります。


武道、武術のリアルとファンタジー、私はどちらかと言えば
ファンタジー側の人間ですが、過去にリアルな試合、交流組手
スパーリングをしてきたので、戦わないのに口だけで批判している人は大嫌いです。


証明の無い批判は誹謗中傷です。そうならないようにこれからも精進の日々です。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます